個人でも完全在宅で大きな利益が狙える

高回転高利益を仕入れる仕組みを構築

刈り取り仕入れ攻略​#01

​Amazon物販

ライバル不在の仕入れ方法

​全く新しい刈り取り仕入れを公開

​新たな仕入れ手法を公開

一般的な刈り取り仕入れ

A.刈り取り仕入れとは?

定価を超えたプレミア価格で販売されている商品が再生産などで在庫復活したタイミングで定価で仕入れを行い、再度、プレミア価格で販売する方法です。

アマゾンで商品を販売するAmazon本体やアマゾンに出店している大手量販店は基本的に全ての商品を定価で販売します。この仕組みを利用して仕入れを行います。

スクリーンショット 2021-05-13 21.10.26.png

B.刈り取り仕入れの方法

刈り取り仕入れを行うためには商品情報を追跡して値下がり時に通知を受け取るためのtrackingツールを使用します。

trackingツールにプレミア価格で販売されている商品を登録して、値下がり時に通知を受け取り仕入れを行います。

商品実例

この商品は現在過去1400円で販売されていましたがその後3000円まで値上がりしています。3000円に値上がり後も売れている商品という事がわかります。プレミア価格で販売実績のある定期的に定価で在庫復活している商品を登録します。

スクリーンショット 2021-05-13 18.45.05.png
スクリーンショット 2021-05-13 18.45.22.png

C.刈り取り仕入れのメリットは?

定価とプレミア価格の差額が利益になるので利益率が高い

人気商品を取り扱う事が多いので高回転商品が多い

Amazonから仕入れるのでコンディションが良い、説明と異なる場合は返品も可能。

仕入れ対象商品が膨大なので再現性が高い

刈り取り仕入れには様々なメリットが存在します。

2021年現在アマゾンの規約でも刈り取り仕入れは認められています。

一度リスト構築する事で​繰り返し仕入れを行う事ができる。

D.既存の刈り取り仕入れのデメリット

1値下がり通知が遅い(すでに売り切れている)

2Amazon以外に対応していない(楽天やヤフーでも在庫復活は行われている)

3.1日の登録上限50件まで(リスト構築に時間がかかる)

ほぼ1社のツールを使用して刈り取りを行なっている。

​これらのデメリットを解決するためにトラッキングツールを開発しました。​

トラッキングマネージャーとは

E.トラッキングマネージャーとは?

・登録した商品を追跡するトラッキングツール

​・Amazon、楽天、ヤフショ 対応

​・30分に1度のハイスピードトラッキング

・登録上限1万件/1日の登録上限無し

・あらゆる条件で商品追跡可能価格追跡(新品、中古対応)出品者数追跡アマゾンランキング追跡

trackingマネージャーを使用する事で、ライバルよりもいち早く通知、他モールからの刈り取り仕入れ、大量のリストを短期間で構築することができます。

トラッキングマネージャーを使用した新たな刈り取り仕入れとは

一早い通知

他モールからの刈り取り仕入れ

短期間で大量の商品リスト構築

・ツール使用の流れ

01商品登録02値下がり通知03仕入れ

・実際の使用方法

拡張機能インストール

Amazon商品ページから商品と条件登録(プレミア商品登録)

Amazon、楽天、ヤフショ のいずれかで条件にあった価格で販売された時に通知

通知を受け取り情報を確認して仕入れを行う

登録する商品リストが増える事が稼ぐ上で重要です。リストが増えると仕入れが増える、つまり稼ぎやすくなります。リストを構築する事で定期的に新規リストを登録するだけで仕入れを行う事が可能です。まずはリスト構築を行なって行きましょ。リスト構築を行う上で効率的なのはライバルリサーチです。ライバルの出品中の商品情報を元にリスト構築を行う事で知識や経験に左右される事なく商品を見つける事ができます。ライバルリサーチはAmazon商品ページから行います。ライバル出品者一覧からストアを選択して一覧ページから確認します。trackingマネージャーをパソコンにインストールすると一覧ページに商品のデータグラフが表示されるので、リサーチが劇的に効率化されます。データグラフを確認して値上がりしている商品をtracking登録して行きます。

​・​刈り取り仕入れメリット

定価とプレミア価格の差額が利益になるので利益率が高い

人気商品を取り扱う事が多いので高回転商品が多い

Amazonから仕入れるのでコンディションが良い、説明と異なる場合は返品も可能。

仕入れ対象商品が膨大なので再現性が高い

刈り取り仕入れには様々なメリットが存在します。

2021年現在アマゾンの規約でも刈り取り仕入れは認められています。

一度リスト構築する事で​繰り返し仕入れを行う事ができる。

trackingマネージャーを使用する事であらゆるぷらっとフォームから刈り取り仕入れが実現可能。ライバル少ないので非常に稼ぎやすいです。Amazon物販に取り組んでいる方は是非ご検討ください。次回の動画ではツールに登録するための商品nリサーチを詳しく解説します。

刈り取り仕入れ攻略#02

商品リサーチ方法

トラッキングマネージャーに登録する商品のリサーチを徹底解説!

01.プレミア価格で販売されている商品をリサーチ

02.トラッキングマネージャーに登録

03.値下がり時に通知を受け取り仕入れを行います。

Amazon/楽天/yahoo対応

刈り取り専用ツール公開

・登録をお勧めする商品

レミア商品

出品者の多い/少ない商品

人気度が上がっている商品

トレンド商品

人気商品

生産終了商品

ツールに登録する商品のリサーチ

アマゾンリサーチ=アマゾンのフィルターを使用してプレミア商品をリサーチ。

トレンドリサーチ=ニュースサイトやツイッターで話題になっているキーワードを元にリサーチ

ライバルリサーチ=プレミア商品を出品しているライバルの出品情報を元にリサーチ。

ライバルリサーチがもっとも効率的。すでに商品知識のあるライバルの仕入れ状況をコピーできるので非常に効率的。商品リサーチについて詳しくは堂宇がで解説しています。

アマゾンリサーチ

トレンドリサーチ

ライバルリサーチ

 

​これらの方法でリサーチした商品をトラッキングマネージャーに登録。

定価で在庫復活されたタイミングで仕入れを行います。

​トラッキングマネージャーは他モール対応、ハイスピードトラッキンぐ、登録上限1万件、日の登録無制限で使用可能。​​ライバルよりも早く通知を受け取れる=仕入れられる可能性UP​一度リストを構築すれば通知を受け取り仕入れをおこなう事ができる。

​今すぐリンクを確認して。コンテンツもお送りします。サポートもします。刈り取りは稼げます。もっともk効率的な仕入れ方法だと思う。一度リスト構築すればあとが楽になります。すぐに使いこなす事ができます。効率的なリサーチ方法をまとめた動画を差し上げます。サポート体制も用意。刈り取り仕入れの新たな概念。一度仕組みを構築せる事で仕入れができる。​商品をまとめて仕入れられる。個人でも大きな利益を狙う事ができる。

E.トラッキングマネージャーとは?

・登録した商品を追跡するトラッキングツール

​・Amazon、楽天、ヤフショ 対応

​・30分に1度のハイスピードトラッキング

・登録上限1万件/1日の登録上限無し

・あらゆる条件で商品追跡可能価格追跡(新品、中古対応)出品者数追跡アマゾンランキング追跡

trackingマネージャーを使用する事で、ライバルよりもいち早く通知、他モールからの刈り取り仕入れ、大量のリストを短期間で構築することができます。

トラッキングマネージャーを使用した刈り取り仕入れ

​Amazon以外の他モールから刈り取り仕入れを行う事ができます!

・実際の使用方法

拡張機能インストール

Amazon商品ページから商品と条件登録(プレミア商品登録)

Amazon、楽天、ヤフショ のいずれかで条件にあった価格で販売された時に通知

通知を受け取り情報を確認して仕入れを行う

登録する商品リストが増える事が稼ぐ上で重要です。リストが増えると仕入れが増える、つまり稼ぎやすくなります。リストを構築する事で定期的に新規リストを登録するだけで仕入れを行う事が可能です。まずはリスト構築を行なって行きましょ。リスト構築を行う上で効率的なのはライバルリサーチです。ライバルの出品中の商品情報を元にリスト構築を行う事で知識や経験に左右される事なく商品を見つける事ができます。ライバルリサーチはAmazon商品ページから行います。ライバル出品者一覧からストアを選択して一覧ページから確認します。trackingマネージャーをパソコンにインストールすると一覧ページに商品のデータグラフが表示されるので、リサーチが劇的に効率化されます。データグラフを確認して値上がりしている商品をtracking登録して行きます。

​・​刈り取り仕入れメリット

定価とプレミア価格の差額が利益になるので利益率が高い

人気商品を取り扱う事が多いので高回転商品が多い

Amazonから仕入れるのでコンディションが良い、説明と異なる場合は返品も可能。

仕入れ対象商品が膨大なので再現性が高い

刈り取り仕入れには様々なメリットが存在します。

2021年現在アマゾンの規約でも刈り取り仕入れは認められています。

一度リスト構築する事で​繰り返し仕入れを行う事ができる。

trackingマネージャーを使用する事であらゆるぷらっとフォームから刈り取り仕入れが実現可能。ライバル少ないので非常に稼ぎやすいです。Amazon物販に取り組んでいる方は是非ご検討ください。次回の動画ではツールに登録するための商品nリサーチを詳しく解説します。